本部幹部会・壮年部幹部会への池田先生のメッセージ 2018年9月2日

本部幹部会・壮年部幹部会への池田先生のメッセージ 2018年9月2日

創価の師弟は生死を超えた共戦の同志
不退の前進! 「いまだこりず候」と
本部幹部会に参加したSGIメンバーが、会場となった神奈川池田記念講堂の前で。小説『新・人間革命』をつづる師の闘争に続き、「私たちも自身の人間革命の歴史を!」と誓い合った

 一、ここ鶴見は、私が草創の神奈川の父母たちと広宣流布へ走り、「比類なき同志の団結」を築き広げてきた天地です。
 1954年(昭和29年)の9月1日、私は鶴見支部での御書講義に臨みました。顕仏未来記を学び、「待ちに待った後半の闘争だ。さあ、この一年を悔いなく勝ち飾ろう!」と出発しました。
 そして、その勢いのまま、翌年には新たな「立正安国」の勝利の金字塔を打ち立てたのです。
 今日は、アメリカ、ブラジル、ヨーロッパ、台湾、インド、アフリカ、韓国より、誉れの同志をお迎えすることができました。
 尊き求道の旅を、心からねぎらい、熱烈に歓迎するとともに、全世界の創価家族とスクラムを組んで、「栄光」そして「勝利」の大前進を晴れやかに開始しようではありませんか!(大拍手)

不撓不屈の師子吼

 一、本日は我ら壮年部の幹部会でもあります。その記念として、また皆さん方に応援をいただいた小説『新・人間革命』の完結の感謝を込めて、以前に書き留めた三つの書をお贈りします(大拍手)。
 「人生不撓乃波」「人生円熟之輝」「生死不退乃心」との揮毫です。
 御本仏・日蓮大聖人は、壮年門下の曾谷教信に仰せになられました。
 「此法門を日蓮申す故に忠言耳に逆う道理なるが故に流罪せられ命にも及びしなり、然どもいまだこりず候」(御書1056ページ)と。
 戸田先生は、この一節を講義され、声を大にして「これだよ! 『いまだこりず候』だよ。わが創価学会の精神もここにある」と強調されました。
 あの「原水爆禁止宣言」も、夕張炭労事件、大阪事件という迫害が打ち続く中で、1957年の9月8日、世界の民衆の生存を脅かす元凶の魔性に対し、いやまして不撓不屈の大精神で轟かせた師子吼であります。
 さらに、東西冷戦の真っ只中で、私が「日中国交正常化」を提言したのは、原水爆禁止宣言より11年後の9月8日です。
 平和へ、正義へ、人道へ、創価世界市民は、草の根の対話の波を起こし、たゆまぬ行動の波を重ねてきました。まさに「人生不撓乃波」です。
 核兵器の廃絶へ生涯を捧げられたパグウォッシュ会議のロートブラット博士も、我らの行動と連帯に深い信頼を寄せてくださいました。
 一人一人が今いる場所から波を起こし、社会を変えていく力を結集することによって、「最後には、民衆が勝利するのです」と笑顔で語られておりました。

自行化他の題目を

 一、若き日、ここ鶴見でも一軒また一軒、家庭訪問に歩いたことは、私の「今生人界の思出」(同467ページ)です。
 病魔と闘う実直な壮年には、御聖訓を通して激励を贈りました。この当時はまだ、創価学会版の御書全集が発刊される前でしたので、御文を手帳に書き記して、一緒に声に出して拝読しました。
 それは、四条金吾夫妻への仰せです。
 「苦をば苦とさとり楽をば楽とひらき苦楽ともに思い合せて南無妙法蓮華経とうちとな(唱)へゐ(居)させ給へ、これあに自受法楽にあらずや」(同1143ページ)
 どんなに苦しくとも、自行化他の題目を唱え抜く生命に、打開できない試練などない。煩悩即菩提の信心で乗り越えた分、境涯を開き、悩める友や後輩たちを力強く励ませる。これが人間革命による「人生円熟之輝」です。
 この希望の輝きによって、眷属も社会も未来も、赫々と照らし晴らしていけるのです。
 今日は、団地部、地域部、勝利島部をはじめ、地域友好・地域広布の黄金のモデルと光るリーダーの皆さん方が出席されています。いつもいつも使命の最前線で、偉大な負けじ魂の開拓、本当にありがとう!(大拍手)
 今、お隣の韓国の釜山では「法華経展」が意義深く開催されております。
 法華経の肝要たる寿量品には、「我常在此娑婆世界、説法教化」(創価学会法華経479ページ)とあります。仏は常に、生死の苦悩が渦巻く娑婆世界に在って、衆生のために妙法を説法教化すると示されております。
 創価の師弟は、皆、久遠元初より、御本仏に直結する広宣流布の「誓願」を立て、この末法濁悪の娑婆世界に勇んで躍り出ました。まぎれもなく、三世永遠の絆で結ばれた正義と共戦の同志なのであります。

広布の誓願を貫く

 一、1964年の12月2日、小説『人間革命』を沖縄で書き起こした日、私は凜々しき学生部の英才たちと固い握手を交わしました。皆、立派な広布と社会の指導者に大成してくれました。
 その中の一人で、「この世で果たさん使命」を成し遂げ、多くの青年を育てて亡くなった沖縄健児は、生前、語っていました。
 「次も沖縄に生まれてきたい。そして、広宣流布のために師弟で戦い勝って、愛する沖縄に、みんなの『人間革命』の大歓喜の舞を踊り広げたい」と。
 生死を超えて広布の誓願を貫く「不退乃心」ほど、強いものはありません。
 大聖人は、健気な母の「不退乃心」を讃えられつつ、「日蓮一度もしりぞく心なし」(御書1224ページ)と断言されました。
 大聖人から「世界広布」と「立正安国」を託された地涌の菩薩の我らです。命の限り、「生死不退乃心」を燃やして、一人一人が朗らかに「円熟之輝」を放ちながら、人類の幸福と平和へ人間革命の「不撓乃波」を、いよいよ万波と起こしていこうではありませんか!
 全同志の健康長寿と一家和楽の「人生の旅」を、そしてまた各国・各地の無事安穏と平和繁栄の大行進を祈りに祈って、私のメッセージといたします(大拍手)。