〈座談会 創立90周年を勝ち開く!〉62 未来部の育成は未来を創ること 広布の命脈は後継の輩出に 2019年8月15日

〈座談会 創立90周年を勝ち開く!〉62 未来部の育成は未来を創ること 広布の命脈は後継の輩出に 2019年8月15日

受験生に真心のエールを
〈出席者〉
原田会長
山口未来本部長
尾高副女性未来本部長
赤須未来部長(高等部長兼任)
勝岡少女部長
新時代の希望と輝く未来部メンバー。今月、行われた研修会では、全国から集った友と固い友情を結び、後継の道を歩む決意を深め合った(東京・八王子市の創価大学で)

 尾高 今月、高等部と中等部の代表メンバーの集う研修会が東京・八王子市の創価大学で行われました。

 赤須 万感のメッセージを頂き、池田先生の未来部に対する慈愛と期待に満ちた研修会になりました。生き生きと信心の喜びを語る同年代の友に触発を受け、「自分が創価学会員であることを、さらに誇りに思うようになりました」と語るメンバーもいました。

 原田 集い合った、若き鳳雛たちのはつらつとした姿に、こちらが元気をもらいました。先生がおっしゃっている通り、一人一人が「学会の宝」であり、「人類の希望」ですね。

 尾高 「大白蓮華」8月号の「世界を照らす太陽の仏法」で、先生は、未来部へのあふれる思いをつづってくださっています。「躍進月間」に当たり、真剣に学ばせていただきました。

 原田 「広宣流布・令法久住の命脈は、後継の人材の輩出にこそある」との先生の言葉は、未来部育成に携わる方はもちろん、全ての学会のリーダーが心に刻むべき指導です。

 山口 さらに、先生は「顕仏未来記」の「伝持の人無れば猶木石の衣鉢を帯持せるが如し」(御書508ページ)との御文を通して、信心の後継者である未来部の使命の深さを教えてくださいました。

 勝岡 まさしく、それは担当者の私たちへの指針でもありますね。

 山口 ええ。先生は「未来部の友を育てることは、未来を創ることそのものです。未来からの使者たちは、学会という究極の人間主義の庭で大きく豊かに育てていきたい。正しき信心の後継者を守り育み、広宣流布を進めていくことこそ、立正安国――正義が輝く社会を築き、世界平和を実現していく直道になるからです」とつづられました。

 赤須 自身の使命の大きさに、改めて決意がみなぎります。先生の思いを胸に刻み、未来部の成長と活躍、幸福を祈り、励まし抜いてまいります。

挑戦が成長の契機

 勝岡 各種コンクールへの取り組みも各地で進んでいます。毎年、夏の挑戦が未来部員にとって大きな成長の契機になっています。

 赤須 「E―1グランプリ」に参加する未来部員からは、メンバー同士で勤行・唱題に挑戦し、友情を深め、一つの劇を作り上げていく中、同世代の頑張りに触発を受け合っています、との声が聞かれました。

 勝岡 また、地域の方々の励ましを受け、創価家族の温かさを実感するメンバーも多いですね。

 山口 今年は、従来の「E―1グランプリ」部門に加え、新たに「E―1フェスティバル」部門を設けました。この部門では、英語に苦手意識のあるメンバーも気軽に参加できるように、課題文が短く、より簡単な単語で構成されています。一人でも多くの未来部員が挑戦し、成長できるよう、地域で声を掛け合っていきたいと思います。

 尾高 一方で、夏は受験生にとって、大切な時期になります。日々、目標に向かって勉強に励むメンバーに、真心のエールを送っていきたいと思います。

 赤須 私自身も高校3年の夏休みは、アメリ創価大学を目指し、勉強、唱題に全力で挑戦しました。その時に、心に刻んだのが「君よ、大指導者に! そのために今日も学びゆけ!」との先生の言葉です。先生の期待にお応えしたい一心で努力を重ね、念願のアメリ創価大学に合格することができました。

 原田 「何のため」が定まれば、どんな壁が立ちはだかっても挑戦し抜くことができます。広布後継の未来部メンバーには、学会創立100周年から22世紀へと、平和のバトンを受け継ぎ、活躍する使命と力があります。

 山口 悩みにぶつかった時こそ、信心の確信を深めるチャンスです。受験は、不安な気持ちになることも多いでしょう。ご家族の支えはもちろん大切です。その上で、未来部担当者の皆さんの励ましが、一人一人の未来を開いていった体験は数え切れません。

師弟勝利のドラマ

 勝岡 本年、未来部は結成55周年となります。池田先生は第3代会長就任後、世界広布へ大きく歩みを進めていく時に、未来部の各部を結成してくださったのです。

 原田 以来、先生は一貫して未来部育成の先頭に立ってこられました。今から50年前、1969年の8月のことです。全国各地から結集しての、歴史的な「第2回高等部総会」が日大講堂で開催され、先生は席上、“西暦2000年に再び集おう”と呼び掛けられました。

 山口 参加者は、その後、先生の指針を原点に、学び、鍛え、成長し、社会のあらゆる分野で活躍。また、学会のリーダーとして各地の広布を担い立っていかれたと伺いました。

 原田 その通りです。そして迎えた2000年、先生は約束通り、このメンバーとの再会を果たされました。当時(2000年)の未来部と合同での総会を開催し、「21世紀の土台はできた。次の学会の土台は完璧にできあがったと申し上げたい」と高らかに宣言されたのです。

 尾高 まさしく師弟勝利のドラマですね。こうした先生の、未来を見据えての一人一人に対する激励があってこそ、今日の世界広布の時代が大きく開かれていったことに、深い感動を禁じ得ません。

 原田 私たちも、この夏、今いる場所で、21世紀を担い立つ未来部の育成に全力を挙げ、さらなる広布の基盤を、わが地域に盤石に築いていこうではありませんか。

〈池田先生と共に 新時代を築く〉 2019年8月14日

〈池田先生と共に 新時代を築く〉 2019年8月14日

地涌」の若人を澎湃と!
 

 「一切の諸人之を見聞し志有らん人人は互に之を語れ」(御書967ページ)
 この御本仏のお心に直結し、仏法の真髄を学び語る会座が、学会の会合である。ここから幸福も和楽も地涌の友も無限に広がるのだ。
 戸田先生に私が初めてお会いしたのも、東京・大田の座談会であった。2回目の終戦記念日の前夜、昭和22年8月14日である。
 先生は一回一回の座談会に周到に準備して臨まれた。新来者である私のことも、実は事前に地元の方から聞かれていたようだ。
 旧知のごとく「いくつになったね」と問われ、「青年らしく勉強し、勇敢に実践してみたまえ!」と語り掛けてくださった。
 先生を信じて、「広布」即「平和」の道へと踏み出し、きょうで満72年となる。
 * * * 
 恩師との共戦の歴史を偲びつつ、8月上旬、埼玉と長野に足を運んだ。
 4日には、各地で行われている創価ファミリー大会を見守りながら、埼玉・日高の研修道場へ向かった。
 久方ぶりに訪ねた師弟城は真心で整備され、庭には初代の「大望」、二代の「慈悲」、三代の「団結」の書を刻んだ石碑が置かれている。
 その通りに「鉄桶の埼玉」「模範の関東」は、大きく仲良く慈しみ合って、見事に勝ち進んでくれている。
 展示されていた所沢での世界平和文化祭(昭和57年9月)の写真も懐かしく妻と見つめた。雨にも負けず青春の勝利舞を繰り広げた若人たちは、立派に生い立ち活躍している。
 折しも8月14日は「関東の日」、また「関西・師弟原点の日」。大関東、大関西をはじめ全同志の健康と無事安穏、大福運と常勝を祈りに祈っている。
 * * * 
 長野研修道場は、初訪問から40年である。「人間革命」の希望の電源地となってきた。わが信越家族は、陰徳陽報の実証を示し、堂々たる人材山脈を築き上げている。地域社会の友好と信頼の深まりも目を見張るばかりだ。
 広島と長崎の「原爆投下の日」(8月6日、8月9日)には、全ての原爆犠牲者と戦没者の方々の追善法要を懇ろに道場で行い、平和への誓いを新たにした。
 * * * 
 あの東日本大震災から8年5カ月。猛暑の中、復興の加速へ、尊い汗を流す東北の宝友の苦労が胸に迫る。
 恩師は草創の仙台支部を大きく3点、讃えられた。
 ①学会精神が燃えている
 ②励ましに満ちている
 ③うちとけた団結がある
 拡大への不変の指針だ。
 一段と強く明るく温かな励ましで、澎湃と「地より湧き出でんとする」青年群を呼び覚まそうではないか!
 「二人・三人・百人と次第に唱へつたふるなり、未来も又しかるべし」(同1360ページ)との「地涌の義」のままに。

〈世界広布の大道――小説「新・人間革命」に学ぶ〉 番外編 第1巻~第5巻㊦ 2019年8月14日

〈世界広布の大道――小説「新・人間革命」に学ぶ〉 番外編 第1巻~第5巻㊦ 2019年8月14日

 
第1巻「開拓者」の章

 今回の「世界広布の大道 小説『新・人間革命』に学ぶ」は「番外編㊦」。第1巻から第5巻につづられた山本伸一の励ましを紹介する。次回は、第6巻から第10巻の「番外編㊤」を8月21日付に掲載予定。

広布誓願の祈りが成功の源    

 〈1960年(昭和35年)10月、山本伸一は、ブラジルのサンパウロで座談会に出席。席上、農業移住者の壮年を励ます中で、誓願の唱題の大切さを訴える〉
  
 ――“誓願”とは何か?
  
 「“誓願”というのは、自ら誓いを立てて、願っていくことです。祈りといっても、自らの努力を怠り、ただ、棚からボタモチが落ちてくることを願うような祈りもあります。それで良しとする宗教なら、人間をだめにしてしまう宗教です。
 日蓮仏法の祈りは、本来、“誓願”の唱題なんです。その“誓願”の根本は広宣流布です。
 つまり、“私は、このブラジルの広宣流布をしてまいります。そのために、仕事でも必ず見事な実証を示してまいります。どうか、最大の力を発揮できるようにしてください”という決意の唱題です。これが私たちの本来の祈りです。
 そのうえで、日々、自分のなすべき具体的な目標を明確に定めて、一つ一つの成就を祈り、挑戦していくことです。その真剣な一念から、智慧が湧き、創意工夫が生まれ、そこに成功があるんです。つまり、『決意』と『祈り』、そして『努力』と『工夫』が揃ってこそ、人生の勝利があります。
 一攫千金を夢見て、一山当てようとしたり、うまい儲け話を期待するのは間違いです。それは、信心ではありません。それでは観念です。
 仕事は生活を支える基盤です。その仕事で勝利の実証を示さなければ、信心即生活の原理を立証することはできない。どうか、安易な姿勢はいっさい排して、もう一度、新しい決意で、全力を傾けて仕事に取り組んでください」(第1巻「開拓者」の章、295~296ページ)

自分らしく皆の模範に!  

 〈1960年(昭和35年)11月、山本伸一は、長野を訪れる。夜、宿泊先の旅館で、自動車整備士として働く男子部幹部と懇談する〉
 
 ――学歴のない私が、男子部の幹部として、指揮を執れるのか不安です。
 
 「人間は実力だ。学歴がなんだというんです! 自動車の整備士として、油まみれになって働いて、その仕事で、みんなの模範になればいいんです。職種は違っても、信心を根本にして社会の勝利者になった体験は、万人に通じます。
 同志は、幹部の信心について来るんです。人柄について来るんです」(中略)
 「学歴がないからと、卑屈になるのではなく、自分らしく、自分のいる場所で頑張ることです。それが人生の勝利の道です。
 私も、戸田先生の下にあって、夜間の学校を、途中でやめざるをえませんでした。学歴がないことは恥でもなんでもない。しかし、学ばないことは卑しい。勉強しないことは恥です。私も毎日、勉強している。一日に二十分でも、三十分でもよい。寸暇を惜しんで読書し、勉強することです。その持続が力になる。君も実力を蓄え、本当に力ある民衆のリーダーになっていくんだよ」(第2巻「勇舞」の章、232~233ページ)

全てをやりきる決意と行動   

 〈1961年(昭和36年)5月、京都の舞鶴を訪れた山本伸一は、青年の質問に答える〉

 ――仕事と学会活動は、どのように両立させていけばよいのでしょうか?
 
 「結論を先に言えば、いかなる状態にあっても、必ず、すべてをやりきると決め、一歩も退かない決意をもつことです。人間は厳しい状況下に置かれると、ともすれば、具体的にどうするかという前に、もう駄目だと思い込み、諦めてしまう。つまり、戦わずして、心で敗北を宣言しているものなんです。実は、そこにこそ、すべての敗因がある。
 自分は仕事も学会活動もやりきるのだと決め、時間を見つけて、ともかく真剣に祈ることです。そして、生命力と知恵を湧かせ、工夫していくことです。(中略)
 たとえば、幹部で、出張が多くて、メンバーを回ることができないような場合には、出張先から頻繁に手紙で激励するという方法もある。さらに、平日は、深夜まで残業があるが、日曜日は休みであるような場合には、その日曜日に、一週間分の活動をするんです」(中略)
 「また、自分が組織の中心者である場合には、自分がいない時に、代わりに活動の指揮を執ってもらえる後輩を育成することも大切になる。
 そして、組織として皆で決め、掲げた目標は、何があっても達成し、結果を出していくという決意が大事です。自分が十分に動けないからといって、組織を停滞させるようなことがあってはなりません」(中略)
 「仕事と活動の両立といっても、時という問題も考えねばならない。学生ならば、試験の前には、一生懸命に勉強するのが当然ですし、仕事にも勝負時というのがある。その場合には、しばらくは、仕事に大半の時間を割くのは当然です。
 したがって、両立といっても、ケース・バイ・ケースで考えなければならない。また、短い単位でとらえるのではなく、長い目で見ていく必要もあります。しかし、いかなる場合でも、青年時代に、仕事も、学会活動もやりきったといえる戦いをすべきです。それが人生の基盤になるからです」(中略)
 
 「何事にも両面があり、一方に偏らないからこそ、人間的なんです。つまり、人間が生きるということは、相反する課題を抱え、その緊張感のなかで、バランスを取りながら、自分を磨き、前へ、前へと、進んでいくということなんです。
 だから、仕事なら仕事だけ一本に絞れば、すっきりすると思うかもしれませんが、何かを投げ出そうとするのは誤りです。仕事、勉強、そして、学会活動と、大変であることは、よくわかっています。しかし、苦労して、それをやり遂げていくところに、本当の修行があり、鍛えがある。また、その苦労が、諸君の生涯の財産になるんです」(第4巻「青葉」の章、167~171ページ)

平和のための“善の競争”を  

 〈1961年(昭和36年)10月、バチカン市国を訪問した山本伸一たち一行は、宗教間対話について議論を重ねる〉
 
 ――キリスト教などの他の宗教に、いかに対応していけばよいのでしょうか?
 
 「大事なことは、まず対話をすることでしょう。他の宗教は謗法であるからといって、対話もしないのは臆病だからです。
 宗教的な信条や信念は異なっていたとしても、まことの宗教者ならば、世界の平和を願い、人類の幸福の実現を、真摯に考えているものです。
 私は、その心が、既に仏法に通ずると思っている。その善なる心を引き出し、人間としての共通項に立って、平和のため、幸福のために、それぞれの立場で貢献していくことです」(中略)
 「人類の歴史は、確かに一面では、宗教と宗教の戦争の歴史でもあった。だからこそ、平和の世紀を築き上げるには、宗教者同士の対話が必要になる。特に将来は、それが切実な問題になってくるでしょう。
 仏教とキリスト教、仏教とユダヤ教、仏教とイスラム教なども、対話を開始していかなければならない。それぞれ立場は違っていても、人間の幸福と平和という理想は一緒であるはずだ。要するに、原点は人間であり、そこに人類が融合していく鍵がある。そして、宗教同士が戦争をするのではなく、“善の競争”をしていくことだと思う」(中略)
 「“善の競争”というのは、平和のために何をしたか、人類のために何ができたかを、競い合っていくことです。また、牧口先生が言われた、自他ともの幸福を増進する“人道的競争”ということでもある。
 たとえば、世界平和に貢献する優れた人格の人を、どれだけ輩出したか、あるいは、民衆に希望や勇気を与えたかなど、さまざまなことが考えられる」(第5巻「歓喜」の章、150~152ページ)

 【挿絵】内田健一郎 【題字のイラスト】間瀬健治

 ※『新・人間革命』の本文は、聖教ワイド文庫の最新刷に基づいています。

〈座談会 創立90周年を勝ち開く!〉61 仏法の生命尊厳の思想を世界に! 人々の心の中に平和の砦を 2019年8月12日

〈座談会 創立90周年を勝ち開く!〉61 仏法の生命尊厳の思想を世界に! 人々の心の中に平和の砦を 2019年8月12日

続く猛暑 聖教配達員の無事故を祈念
〈出席者〉
原田会長
平和委員会 石渡議長
女性平和委員会 前多委員長
青年平和会議 浅井議長
女性平和文化会議 谷井議長
国内外で開催される、SGIがICANの協力を得て制作した「核兵器なき世界への連帯」展(上がモンゴル、下が長崎)

 原田 暑い日が続きます。猛暑の中も、聖教新聞を配達してくださっている「無冠の友」の皆さまに心から感謝申し上げます。どうか、くれぐれも健康第一・無事故第一の配達をよろしくお願いいたします。

 前多 水分の補給はもちろん、帽子をかぶったり、冷えたタオルを首に巻いたりしながら、配達をされている方もいます。

 石渡 寝苦しい夜が続きますので、睡眠不足にも注意を払っていただければと思います。

 原田 台風接近の情報もあります。該当地域の方は無事故を最優先にして、絶対に無理をせず、時間を気にすることなく、配達をしてください。

核兵器禁止条約」

 石渡 学会として、6日に広島で、9日に長崎で、「原爆の日」追善勤行法要を行い、「核なき世界」建設への誓いを新たにしました。

 原田 御書に「国土泰平・天下安穏は一人より万民に至るまで好む所なり楽う所なり」(31ページ)と仰せの通り、平和は人類の悲願です。

 谷井 2017年、核兵器を法的に禁止する初の多国間条約である「核兵器禁止条約」が国連で採択され、現在、発効に向けて批准が進みつつあります。

 石渡 今月6日、南米ボリビアが条約に批准しました。条約発効の要件である50カ国の半数となる、25番目の批准です。日本を含め、全ての国が条約に批准することを願っています。

 原田 核兵器は、人類の生存の権利を脅かす「絶対悪」です。私たちは戸田先生の原水爆禁止宣言を原点に、多くの団体と連携しながら、核廃絶への運動を各国各地で進めてきました。

 石渡 引き続き、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)と協力し、「核兵器禁止条約」の普及を通じて、同条約の早期発効を支援していきます。

 浅井 具体的には、核兵器に関する各種国際会議に参加をし、ICANと共同制作した「核兵器なき世界への連帯」展などを各国で開催していきます。

 前多 女性平和委員会では、2017年からヒロシマナガサキ被爆体験の映写会を草の根で展開しています。被爆者の体験を初めて聞いたという参加者も多く、「涙が止まらなかった」「核兵器の恐ろしさが身に迫った」との声が寄せられています。これまで2万会場で32万人が来場し、約25万の「ヒバクシャ国際署名」を集めています。

脱炭素社会の構築

 浅井 9月23日に、ニューヨークの国連本部で気候行動サミットが開催されます。2015年のパリ協定締結以降も温室効果ガス排出量が増加し、アメリカが協定からの離脱を表明するなど、気候変動問題に対する危機感が国際社会において高まっています。脱炭素社会の構築が急務です。

 谷井 サミットは、この事態を危惧した国連のグテーレス事務総長の呼び掛けで実現されるものですね。

 原田 パリ協定締結の立役者である国連気候変動枠組条約のフィゲレス前事務局長から学会へ、同時開催されるユース気候サミットへの派遣要請が届き、参加する予定になっています。

 浅井 ここでは、SGIと地球憲章インタナショナルが共同制作したスマホアプリ「マプティング」で行っている、気候変動に関する写真コンテストの取り組みについて報告をします。

 石渡 さらに、学生部による「SDGs(持続可能な開発目標)意識調査」の報告を、国連およびニューヨーク市が連携して行う「ニューヨーク気候週間2019」の関連イベントの中で実施する予定です。

 谷井 今秋、女性平和文化会議はSDGsについての女性の意識啓発のためのアンケートを行います。「誰も置き去りにしない」社会を築くため、身近なところから行動していきます。

 浅井 また、ニューヨークでは、FBO(信仰を基盤とした団体)の役割に関する会合も共同主催する予定です。

 原田 FBOについては、昨年7月のモンゴルでのアジア防災閣僚会議、同じく昨年8月の東京での円卓会議などに際し、SDGs推進や防災に果たす役割を他団体と協力して議論しています。信仰を基盤とした地域のネットワークは、“緊急時などに大きな力を発揮する”と国際的にも注目されていますね。

 石渡 はい。これからも多様な組織と連携し、議論を進めてまいります。

 浅井 他にも、多様性を尊重する共生社会の建設へ、「女性差別撤廃条約」採択40周年、「子どもの権利条約」採択30周年の2019年は、国際人権の前進に貢献するとともに、幅広い教育・啓発活動に注力していきます。

 前多 女性平和委員会は「子どもの権利条約」に深く賛同し、日本の批准前の1991年から展示会・講演会・フォーラム等を通じ、啓発に努めてきました。採択30周年である本年は、多くのNGOや団体が集まってスタートした「広げよう! 子どもの権利条約キャンペーン」に賛同団体として参加。かけがえのない子どもたちの笑顔を守るため、草の根の活動を続けていきます。

 谷井 現在、聖教新聞では「私がつくる平和の文化」が連載されています。国連で「平和の文化」についての行動計画が採択されて20年。「多様性の尊重」「女性と男性の平等」「持続可能な開発」「対話」「教育」など、「平和の文化」の大切な要素が語られる本企画は、「画期的な試み」と多くの反響が寄せられています。

 浅井 9月には、青年部が主催し、沖縄で「青年不戦サミット」も開催する予定です。

 原田 小説『新・人間革命』第30巻〈下〉「誓願」の章に、学会の平和運動の意義や歴史がつづられています。そこに、学会の平和運動は「仏法の生命尊厳の思想を人びとの胸中に打ち立て、ユネスコ憲章に謳われているように、『人の心の中に平和のとりで』をつくることを基調としている」とあります。私たちはこれからも、確固たる哲学を胸に、平和建設の主体者となって、善の連帯を世界に広げていきましょう。

創大・夏期スクーリング開講式への池田先生のメッセージ 2019年8月12日

創大・夏期スクーリング開講式への池田先生のメッセージ 2019年8月12日

通教生が社会に放つ「学の光」が人類の未来を照らす
「学光の塔」を仰ぎ見る通教生。塔を飾る男女6体の像は「挑戦」「情熱」「歓喜」「英知」「行動」「青春」のテーマを表現している

 我らの夏期スクーリングは、創価教育の真髄光る学びの園です。
 猛暑の中、日本全国から、さらに海外20カ国・地域からも、よくぞよくぞ参加してくださいました。
 ここに集われること自体が、大変な戦いであったことでしょう。
 「学は光」との精神を体現する皆さん方を、私は最大にたたえ、ねぎらい、応援団長との思いで、健康と無事故を祈り、見守ってまいります。
 教員の先生方、また職員の方々、わが命、わが宝、わが誇りのスクーリング生を、どうか、よろしくお願いいたします。
 先月、九州の70代のある通教生の方から、闘病などの苦難を勝ち越え、無事、卒業のめどが立ちましたという、うれしい報告をうかがいました。
 その中には、「学ぶことで心が耕され、鍛えられ、これまで味わったことのない幸福感を得ることができました。まさに新しい人生を与えられたのと同じです」と記され、次は資格取得を目指し、「青少年の育成に関わることを目標に、さらに勉学に励んでいきます」と意気軒高につづられていました。
 「学び続ける人」は、常に若々しい。「学び続ける人」は、決して行き詰まらない。「学び続ける人」は、必ずや栄光の道を勝ち開くことができる。
 まさに、「人生100年時代」を迎えた現代にあって、ますます、どれだけ深く生きるか、どれだけ心豊かに生きるかが問われてくるでありましょう。
 その重要なカギは、たゆまぬ学びの挑戦と連帯をいかに築くかにあるのではないでしょうか。
 創価教育の父である牧口常三郎先生と戸田城聖先生も、先駆的に通信教育に取り組まれ、学びの機会を広げていかれました。
 戸田先生は、常々、「教育は、知識のみではなく、長い人生を、生き生きと生き抜いていく力を育むことが大切である」と語られていたのであります。
 この夏期スクーリングで学ばれた皆さん方が、いよいよ生き生きと生き抜いていく力を強く光らせながら、気高くも尊き大勝利の軌跡を無限に描かれていくことを、私は念願してやみません。
 私の胸からは、あの大歴史学者トインビー博士が、最晩年まで、ラテン語の「ラボレムス」――「さあ、仕事を続けよう」をモットーとして、毎朝9時には必ず机に向かわれていた姿が離れることはありません。「世の人々のためになれば」と一日また一日、尊き探求を貫かれていたのであります。
 自分の心次第で、自在に有意義な時間をつくり出すことができるというのが、偉大な先哲たちの結論です。
 どうか、最高に有意義な学びと友情の原点を、仲良く励まし合い、刻んでいってください。暑い日が続くので、休憩や睡眠を上手に取りながら、楽しく聡明に、心身ともに、より健やかになる日々を送っていってください。
 皆さんが社会に放つ「学の光」こそ、人類の未来を照らす希望の光です。
 わが世界一の創大通教生、万歳!(大拍手)

〈座談会 創立90周年を勝ち開く!〉60 小説「新・人間革命」脱稿から1年 広布誓願の師弟旅を未来へ 2019年8月8日

〈座談会 創立90周年を勝ち開く!〉60 小説「新・人間革命」脱稿から1年 広布誓願の師弟旅を未来へ 2019年8月8日

皆が「新時代の山本伸一」の決意で
〈出席者〉
原田会長
長谷川理事長
永石婦人部長
志賀男子部長
大串女子部長
師の「構想」を「実現」していくのが弟子の使命。「挿絵でたどる『新・人間革命』名場面展」には連日、多くの来場者が(東京・新宿区の創価文化センターで)

 大串 東京・新宿区の創価文化センターで、「挿絵でたどる『新・人間革命』名場面展」が行われています(9月8日まで。休館は毎週月曜、および8月10~16日)。連日、多くの方でにぎわっていますね。

 志賀 池田先生の小説『新・人間革命』第1巻から第4巻に描かれた広宣流布のドラマが内田健一郎画伯の挿絵と共に紹介されていて、とても感動的です。

 永石 第3代会長就任後の先生と共に、世界広布の旅をたどるような気持ちにもなりますね。

 原田 日本においても、先生の雄渾の指揮のもと、飛躍的に会員数が伸び、学会が発展していった時期でもあります。当時の学会の前進の息吹を感じながら、訪れた人が、さらなる広布の拡大を決意する契機になることと思います。

世界の青年と共に

 永石 8月6日は、1993年、先生が平和への願いを込め、小説『新・人間革命』の執筆を開始された日です。この日は広島原爆忌でもあります。そして、1年前の同日、先生は25年間に及んだ連載の執筆を締めくくられたのです。

 長谷川 先生は脱稿後、随筆につづられました。「広宣流布という民衆勝利の大叙事詩たる『人間革命』『新・人間革命』は、わが全宝友と分かち合う黄金の日記文書なり、との思いで、私は綴ってきた。ゆえにそれは、連載の完結をもって終わるものでは決してない」

 原田 この一年、なかんずく今年上半期の活動において私たちは、『新・人間革命』を学びながら広宣流布と立正安国の対話にまい進してきました。そして、池田門下の異体同心の団結で全ての戦いに大勝利することができました。

 大串 『新・人間革命』は現在、13言語に翻訳されており、世界の同志もまた『新・人間革命』を学び、信心の成長の糧、広布拡大の源泉にしています。

 原田 世界広布の礎を築いた池田先生の行動と思いを追体験しながら、各地の青年部が「新時代の山本伸一」として立ち上がっています。先生に直接、お会いしたことのない世界の青年が『新・人間革命』を通して、師弟の絆を深めているのです。

 永石 また、研さん教材「世界広布の大道 小説『新・人間革命』に学ぶⅠ」が8月22日に発売されます。第1巻から第5巻までの「基礎資料編」「名場面編」「御書編」「解説編」が収録されており、研さんに最適です。

 志賀 第1巻には1960年10月、山本伸一会長が世界広布の道を開くため平和旅を開始し、ハワイに向かう機中で思索を巡らせる場面があり、印象的です。

 長谷川 「法華経の大白法の日本国並びに一閻浮提に広宣流布せん事も疑うべからざるか」(御書265ページ)との御文と共に、「この世に生を受けて三十二年――世界広布を生涯の使命とし、その大業の扉を今、自らの手で開きゆくことを思うと、伸一の心は躍った」との思いがつづられています。

 原田 学べば学ぶほど、先生の遠大なる広布の展望と、その実現への不退の行動に、ただただ感銘を深くし、報恩の戦いを誓うばかりです。

各地で進む研さん

 永石 各地で工夫をこらした『新・人間革命』の研さん運動が進んでいます。

 長谷川 座談会で『新・人間革命』の研さんコーナーを設けている地域も多いですね。

 永石 ある地区婦人部長は、訪問・激励の際に「『新・人間革命』では、こう書いてあったよ」と、先生の心を伝えることを心掛けています。すると「私も読んでみます」と決意する人が増えていったそうです。

 大串 女子部のあるリーダーもメンバーへの励ましに悩んだことがきっかけで、一緒に『新・人間革命』の研さんに挑戦。今では、月1回の勉強会を地域で開き、メンバーと決意を深め合っています。

 原田 『新・人間革命』をひもとくと、先生が徹底して「一人」を励まされてきた軌跡が描かれています。世界広布といっても、その一歩から展開されていったことを改めて知ることができます。

 長谷川 本紙「声」の欄に掲載されていた壮年部の方の投稿が印象的でした。その方の地域では勉強会を通し、「『新・人間革命』をより深く学び、さらにそれを実践できるよう、頑張っていきたいと決意し合っています。私たちにとって『新・人間革命』は、今も連載が続いているのです」と。

 原田 その通りですね。小説を学び、「誓願」を立て、「実践」していく。その連続が『新・人間革命』の精神を未来へと伝え残していく。そこに確かな前進と勝利の方程式があるのです。

 志賀 世界の識者も『新・人間革命』を読み、惜しみない賛辞を寄せています。ブラジルの音楽家アマラウ・ビエイラ氏は「ベートーベンの『第九』は、誰もが知る不朽の名曲です。『新・人間革命』もまた、時代から時代へと伝わる永遠の名作であると信じて疑いません」と述べています。

 長谷川 インド・ガンジー研究評議会議長のN・ラダクリシュナン博士は「世界のどの文学界にも、このような作品はないでしょう」とたたえ、「何よりも“一人の人間がどれほど偉大な力を持っているのか”を教えてくれています」と語っています。

 原田 これからも広宣流布と立正安国の戦いにはさまざまな難関があるでしょう。また一人一人の人生においても数々の障害があるかもしれない。しかし、信心で乗り越えられない壁は断じてない。その勝利の要諦は、全て先生が『新・人間革命』につづってくださっています。大切なことは、先生が示された「人間革命」の指針を私たちが体現、実践していくことです。これからも『新・人間革命』に学び、広布誓願の師弟旅をともどもに続けていこうではありませんか。

〈座談会 創立90周年を勝ち開く!〉59 妙法には生死を超えた無量無辺の大功力が 自行化他の題目が最高の孝養 2019年8月5日

〈座談会 創立90周年を勝ち開く!〉59 妙法には生死を超えた無量無辺の大功力が 自行化他の題目が最高の孝養 2019年8月5日

友人・親戚と有意義な交流
〈出席者〉
原田会長
長谷川理事長
永石婦人部長
竹岡青年部長
大串女子部長
追善とは深い祈りをささげるとともに、私たち自身の生き方を高めていくこと。広布への誓いも新たに、三世の福徳の旅路を(昨年8月、各地の墓地公園での諸精霊追善勤行法要から)

 永石 先月の参院選で、私たちが支援した公明党は、選挙区7議席比例区議席の合計14議席を獲得し、大勝利しました。

 大串 参議院公明党として、現行制度で過去最高の議席数へ躍進しましたね。

 長谷川 投票日翌日の新聞では「公明好調」(読売)、「公明安定」(産経)などの見出しが躍りました。

 永石 兵庫、大阪の両選挙区で激戦を勝ち抜いたことを通して、「公明『常勝関西』健在」(読売大阪版)などとも報じられていましたね。

 竹岡 兵庫、愛知をはじめ、多くの青年政治家が誕生しました。いずれも人柄・見識・経歴のどれをとっても、他党を圧倒する素晴らしい議員だと評判です。

 原田 選挙結果を受け、公明党への期待はさらに高まっています。一橋大学大学院の中北浩爾教授は、社会保障財政再建など中長期的な課題について「与野党の合意形成の橋渡し役を公明党に期待したい」と述べています。

 大串 慶應義塾大学小林良彰教授は「公明党には、有権者の関心が高い経済・財政や年金・医療の問題に対して、自民党とは違う進歩的で新しい政策を打ち出してもらいたい」と語っています。

 竹岡 東京財団政策研究所の加藤創太常務理事は、ポピュリズムと二極化が進む中で、公明党のような「中道の政党に求められるのは、テレビでワンフレーズで鮮やかに『敵』を切ってみせることではない。一貫した姿勢を長期に堅持しつつ、有権者からの信頼を地道に確保していくことだ。これはまさに責任政党のあり方そのものでもある」と主張しています。

 原田 選挙後、私がお会いした識者の方々も同様の思いを語られていました。公明党には国民、支持者の期待に応え、日本の安定のため、平和のため、社会保障や福祉の充実のため、さらなる奮闘を望みたい。新しい時代の政治課題にも果敢に挑戦してもらいたい。

日顕宗は食法がき

 長谷川 「お盆」が近づいています。日蓮大聖人は「盂蘭盆御書」や「四条金吾殿御返事(盂蘭盆由来御書)」で、自身が善根を積んでこそ真の回向になる旨を仰せになっています。

 原田 「自身仏にならずしては父母をだにもすくいがたし」(御書1429ページ)とあるように、自他共の幸福、広宣流布と立正安国を目指す学会活動で積んだ善根を先祖に回らし向けることが、真の回向なのです。

 永石 「題目の光無間に至りて即身成仏せしむ」(同712ページ)との御金言もありますね。

 長谷川 池田先生も、「妙法には、生死を超えて生命を照らし晴らせる無量無辺の大功力がある。ゆえに、私たちの追善回向は必ず故人に届き、成仏の境涯へと導くことができる。これが御本仏のお約束である。広布の行動こそ、自行化他の題目で一家眷属を三世に包める最極の孝養となる」と指導されています。

 竹岡 一方、この時期になると日顕宗(日蓮正宗)の坊主は「僧侶が拝まなければ故人は成仏できない」などのおどし、だましで供養集めに血眼になりますが、そんなことは御書のどこにも書かれていない全くの邪義です。

 長谷川 「お経回り」などと称し、日顕宗の坊主が檀家の家を回り“僧侶の読経はありがたいものだ”と思わせて供養稼ぎに狂奔する姿は、大聖人が痛烈に破折した「食法がき」(同1111ページ)そのものです。

 原田 学会では、お盆の日を中心に、広宣流布の息吹にあふれた全国の会館や墓地公園などで、異体同心の同志と共に、御本尊に勤行・唱題します。これこそが、大聖人のお心にかなった最高の追善なのです。

「一人」から広がる

 大串 夏季友好期間に入り、普段なかなか会うことができない友人・知人と交流する、絶好の機会でもあります。

 竹岡 『新・人間革命』第6巻「遠路」の章には「人間は、ともすれば古い友人とは疎遠になりがちである。また、古い友人との交流があれば、新しい友人をつくろうとはしないものだ。しかし、人間を大切にし、人間関係を広げていくなかで、新たな世界が開かれていく」と記されています。

 原田 先生が示されている通り、「古くからの友人を大切にする」とともに「新しい友人をつくる」ことが、自身の人生を豊かにしていきます。

 大串 また、この機に、親戚とも積極的に交流を深めていきたいですね。

 原田 池田先生はかつて、日興上人が、自身が生まれ育った地域にたびたび足を運び、対話を広げていたことを通して「日興上人は御自身の人脈を存分に活用しながら、一人また一人と対話を交わし、仏縁を結んでいかれた。日興上人の親戚は、多くが入信している」と指導されました。

 竹岡 さらに、「日興上人が妙法に帰依させた人々が、さらに自身の縁者を折伏した。人脈は、次から次へと広がり、拡大が進んでいったのである」と。「一人」を起点に大きく仏縁が広がっていく様子がうかがえますね。

 永石 先日も、帰省した方が「日頃、会う機会がなくても、言葉を交わせばすぐに心が通うのが親戚ですね」と語っていました。

 長谷川 一人一人と対話を重ね、交流を結ぶことで、一家一族の幸福が大きく開かれ、新たな広布の裾野も広がっていくのです。

 原田 友人、知人、親戚とじっくりと語り、理解と親交を深めていくことはとても大切です。遠方に住んでいる方も含め、夏の友好期間を活用して大きく仏縁を広げていきましょう。